現金代りに便利なクレジットカード
決済・金融機

現金代りに便利なクレジットカード

クレジットカードは、商品の購入などの時の決済手段として現金の代わりをつとめることが出来ます。
実際、コンビニなどで商品を買ってクレジットカードを差し出しますと店員(または自分自身)がレジの機械にカードを通すだけで支払いが終わります。
後は商品とレシートを受け取って終わりです。

店によっては、レシートにサインをしなければならない場合もあります。
しかし、現金のやり取りがありませんので、カードを使い慣れると現金の取り扱いが面倒になるくらいです。
インターネットなどのECサイトで商品などを購入する時にもクレジットカードが便利です。

決済が早いですから商品の発送も早くなりますので手元に届くまでの時間が短くて済みます。
また、インターネット経由で携帯電話やモバイル通信機器を購入するときには、身分証明が必要になりますが、クレジットカードを持っていますとそれだけで身分証明の代わりになりますので、面倒な手続きが省けることが多いです。
上記のように現金を扱わないことや決済の速さからクレジットカードは便利ですが、現金と同じような使い方ができることから紛失や盗難にあった時には、他人に使われてしまうこともありますし、インターネットなどではクレジットカード情報の漏洩も稀にあります。

これは結構危険なことですが、クレジットカードにはこのようなことで被る損害に対して保険がかけられていますので、余程の過失がない場合以外では、損害が保証されるようになっています。
ところで、クレジットカードで購入した商品などの代金は、しばらく後になってからカード会社の方から請求されます。
そのときに一括または分割、リボルビングなどの方法で支払うことになります。

特に、一括払いの時には無利子だというのも有利な点です。
ただ、現金を直接扱わないことからお金に対する意識が薄くなり、ついつい使いすぎてしまうようなこともあります。
この点に注意して利用しますと、クレジットカードはとても便利な制度です。

このページの先頭へ