ランク上のゴールドカードについて
決済・金融機

ランク上のゴールドカードについて

普通のクレジットカードは、年齢が20代であれば、無職またはアルバイトなどでも作れるところがありますが、ゴールドカードというランクが上位のクレジットカードは、なかなか審査が厳しいので作ろうと思っても作れるものではありません。
ゴールドカードの特徴は、年会費が普通のカードより高いことで、それに従って、いろいろな特典があります。
また、利用限度額も最低でも100万円はありますので、クレジットカード決済の範囲が広がります。

また、ゴールドカードを持っているという事は、上記のような実質的なもの以外に、その人の(社会的、経済的な)ステータスが高く評価されるということもあります。
特に、海外(欧米)に出かけることの多い人には、ゴールドカードは利用価値が高いカードだといえます。
このゴールドカードを作るときは、自ら申し込む場合とカード会社からのインビテーション(招待)の二通りがあります。

自ら申し込むときに重要なことは、職業、勤続年数、それまでの信用履歴です。
やはり一流の企業に勤めていたりしますと、それだけ信用がありますので作りやすいようです。
なお、20代の若い人でも審査が通るような好条件の環境にいますとゴールドカードが作れます。

インビテーションは、それまでのクレジットカードの利用履歴がカード会社にとって好まれる人に届くようです。
もし、ゴールドカードを作りたい時には、このような機会を逃す手はありません。
ゴールドカードは、実質的な利用限度額は500万円程度が上限で、カード会社によっては、これより低いものもあります。

もし、もっと高額な決済を望むのであれば、ゴールドカードでは不自由です。
それでカード会社各社は、ゴールドカードよりランクが上位のカードの発行もしています。
これらはプラチナカード、プレミアムカードなどと呼ばれています。
コールドカードの利用履歴が良い人にはカード会社からインビテーションがくるようですからその時に作り替えることができます。

このページの先頭へ